映像制作やホームページ制作でPRする│HOWTOイメージ戦略

風評被害の源

会社

会社の風評被害は、早めに対策を行なうことが必要です。風評被害を放置することにより、さらにその情報がネットの別の所に転載され、多くの人がネガティブな情報を見ることになります。一度ネガティブなイメージがつくと、それを改善させることは非常に難しいことです。風評被害の発祥元は、大きく4つに分けることができます。まずは、個人ブログです。個人ブログは、自分の意見や考えを自由に発表することができるため、意図せずに風評被害を広げていることがあります。また、ブログの中にはアフィリエイトブログと呼ばれているものがあり、掲示板の人気のあるスレッドをまとめたブログなどもあります。まとめブログは人気が高いので、このブログの中にネガティブな情報が含まれていた場合、多くの人が閲覧することにつながります。また、掲示板も大きな風評被害の元です。毎日大勢のユーザーが訪れて情報を交換していますが、誰でも書き込み出来ることから事実無根の誹謗中傷も多いことが事実です。掲示板は、情報拡散が早いところでもあるので、爆発的に情報が広がってしまいます。

風評被害の中でも、多くの人が信じてしまうものが口コミサイトです。口コミサイトは、お客の率直な意見を見ることができるので、多くの人が利用していますが、中には実際に商品やサービスを利用したことがないのに、悪評を書き込むという人もいます。口コミサイトは、実際の利用した感じを求めているので、口コミサイトで風評被害があると新規のユーザーを逃がすことにもつながります。また、最大の風評被害はメディアの報道です。たとえ過去のことですでに改善がされている状態でも、ネットで検索した際に報道内容が上位に表示されるのは、ネガティブな印象を与えます。風評被害の対策を行なってくれる業者では、これらの問題に対してしっかりとケアを行ない、風評被害から会社を守ってくれます。